労働事件

  • 仕事中のケガや、仕事を原因とする病気があるが、会社側が労災扱いしてくれない。
  • 未払いの残業代を請求したい。
  • 不当に解雇を言い渡された。
  • ​パワハラ、セクハラを受けている。
あなたのケガや病気を労災かどうか判断するのは労働基準監督署ですので、例え会社側に労災扱いできないと言われてもそれを鵜呑みにする必要はないのです。
労災が認定されても、労災保険から支払われるのは生じた損害額の全部ではありません。
慰謝料や後遺障害が残った場合の「逸失利益」については会社側に対して請求しなければその金額の賠償を受けることはできません。
これに対して適切な補償を受けることは労働者の権利です。
​近年、労働問題に関する事件が頻発しており、労働者の権利を見直す動きが活発化しております。
弁護士が話し合いに入ることで、より適切な解決に至ることも少なくありません。
​泣き寝入りする前に、ぜひご相談ください。

石割法律事務所 

 〒420-0858

​静岡県静岡市葵区伝馬町16-3 シルクスクエアビル2号館4階

Tel(054)250-0332 Fax(054)250-2172

© 2019 石割法律事務所